おい、寺山。

  • 2021年4月21日
  • 2021年4月21日
  • 副業

こんばんは。イハルです。

後輩がボコボコにされたらしい

つい先日、元会社の同僚にバッタリ会いまして、

僕の後輩、寺山君(仮名・今回の主役)が会社の本部に転勤になって、

上司にボコボコにやられてる

って話を耳にしました。

人間は優秀だと思われたい生き物

確かに彼は、仕事を教えた時は

「はい!わかりました!」

って威勢が良いんだけど、、後日「進捗どう?」って聞いたら

「すみません。ここがわからなくて進められていません・・・。」

ってなるので、「ならすぐ聞けよ〜」ってハリセンで引っ叩いてたんですけど

(本当は叩いてない)

全然治んなかったんすよ。

まあ僕はその子と仲良しだったんで、

「ちゃんとやらないとこの間の飲み会のことバラすからなw」

とか言ってワチャワチャやってたんですけど、

どっかの劇作家さんが

自分を笑い飛ばせず、大きく見せようとしてばかりしている人は滑稽に見える。

どこかの劇作家(忘れた)

なんて言葉を残していますが、今それを奴に言ってやりたいw(普通に心配。)

完璧を目指すほど成功から遠ざかる

確かに、知ったかぶりをせずに「わかりません。」って言うのは日本人の気質からすると勇気がいる

でも謙虚に自分の無知を認められるのって、

成功には絶対に欠かせないと言っても良い位価値のある素質なんですよね。

起業も、うまくいく人は超優秀なイメージがあるから、なんとなく

「完璧じゃないといけない」

みたいな風潮あるけど、

基本的に完璧であろうとするほど物事ってうまくいきません。

完璧であるということは、何一つ間違えちゃいけないということだから、

どう考えても小ちゃくなっちゃうよね。

だから「こんなこと聞いたら怒られるんじゃないか」みたいな余計な心配してる暇があったら、

とりあえず聞いてみよう。

な、寺山。

(怒られたらメンゴw)

ビジネスは甘えん坊が勝つ世界

特にこれから自分のビジネスを志す人は、なにかモノを教わっているときに

「最後に質問すれば良いや」

じゃなくて、

その場で聞く勇気も持たないとね。

その場はなんとかやり過ごせても、

言葉の意味をわかってるかわかってないかだけで、

物事の理解度ってめちゃくちゃ変わるから。

そんで、その理解度の差が

ハッキリと成果の差として出る。

成功する人ってそういうところをちゃんと埋めてる。

あなたの周りでもうまく言ってる人ほど、すぐに頭を下げられるし、

後輩や、部下にも教えを請うことが出来てない?甘え上手というか。

記事を書いて改めて、積極的に後輩から学んでいくことを

より一層心がけようと思いました。

今日は寺山に向けたお手紙でした。

寺山、読めよ。

ではでは。

——-以下、お知らせです——————————————————————

僕の公式LINEでは、

✔︎得意なこと、好きなことで稼ぐ方法

✔︎PC1台あれば自宅でもカフェでも稼げる方法

✔︎利益率を100%にする為の考え方

✔︎どんなステップでビジネスを始めたら良いか

✔︎リスク小さく、副業から始められるビジネス

✔︎在庫を持たずに大きく稼げるビジネスモデル

✔︎高単価商品でもガンガン売れる秘密

✔︎費用ゼロで人を集める方法

などなど、あなたが稼げるようになるために必要なことを

惜しみなく解説している動画を期間限定無料プレゼントしています🎁

知りたい方は下のホームページをご覧ください👍↓↓↓

【イハル公式ホームページ】

https://bit.ly/3wJe4T9

NO IMAGE
CTR IMG